生活習慣〜普段できること〜についてこのページでは紹介しています。

女性の為の便秘解消バイブル 便秘を知って、原因から解消して体もスッキリ♪素敵な毎日をあなたに

トップページ > 便秘解消法 > 普段できること

普段できること 便秘を解消する為に普段からできることって沢山あるんですよ。日常から心がけて便秘知らずの快適な毎日を過ごしましょう!

朝食を食べる

朝食

最近では「朝は時間がない」といって朝食を食べない人が増えてきました。
しかし朝食を抜くと、便意につなげるために重要である、胃・大腸反射、直腸・結腸反射が正しく機能しなくなってしまいます。
それが原因となって便秘を起こしやすい体質に変化してしまうのです。朝食を適度な量、規則正しく食べる習慣をつけることで、胃から腸が刺激され、大腸の蠕動運動が正しく行われ、便意をもよおすようになります。
本来、人間にとってそれが正常なサイクルなのです。ダイエットなどで食事量を極端に減らしたり、朝食を食べないと便秘になりやすい体質を作る原因となるので注意してください。

トイレのリズムを習慣付ける

トイレ

便意を感じていながら、仕事の都合などいろいろな理由があって我慢してしまうことは誰にでもよくあることだと思いますが、これを習慣にしてしまうと便秘に影響します。
女性によく見られるケースですが、便意を我慢することを習慣にしてしまうと、『直腸性便秘』になりやすくなります。
この便秘は便を我慢し過ぎた結果、便が出にくくなってしまうという便秘です。便意をもよおしたら恥ずかしがったり遠慮をし過ぎずに、きちんとトイレに行きましょう。
便意がなくても毎朝、朝食をとった後にトイレに行く時間を作ります。その時に3分くらい排便の体勢をとるようにしましょう。
これを習慣づけることで朝、便意をもよおすサイクルを体が学習し、便秘の予防や解消につながります。

規則正しい生活・適度な運動

眠っている女性

便秘の原因には、食事や運動、睡眠などの生活習慣が大きな割合をしめています。睡眠不足は体のリズムを狂わせてしまうので、自律神経に悪影響をおよぼします。
そのため、腸の働きも乱れてしまって便秘になってしまいます。便秘を予防、解消するためにも十分な睡眠を取って、朝・昼・晩の食事をしっかり食べて規則正しい生活リズムを作ることが必要です。そうすることで身体の生活リズムにも規則性が出て便意を催しやすくなります。
また、運動不足になると大腸の機能が低下して胃結腸反射が弱まり便秘となります。筋肉が低下(腹筋が弱いと)便秘になりやすくなります。なのでウォーキングや腹筋運動で腹筋を鍛えることで、便秘になりにくくなるのです。

水分を摂る

水を飲んでいる女性

水分は私たちの身体にとってとても大切なものです。便秘解消の為に重要な役割を持っています。
水分は腸に適度な刺激を与えて排便反射を促すきっかけになります。 水分が十分にあると、大腸で食物繊維に吸収され、腸内を綺麗に掃除してくれます。そして、便をやわらかくして通りを良くしてくれたりします。
水分不足が原因で便秘になることがあるほど、水分と便秘は密接な関係にあります。成人であれば、体重1kgあたり40mlの水分が必要です。体重50kgなら、食物中の水分も含めて2リットルの水分をとる必要があります。
しっかりと水分をとって便秘を解消・予防しましょう。

ストレスを溜めない

女性

現代社会はストレスの原因となるようなことが多く、精神が不安定になることが多いかと思いますが、ストレスも便秘を引き起こす原因になります。
ストレスによる自律神経の失調でも便秘になります。これを『痙攣性便秘』といいます。
「ストレスをためないように」口で言うのは簡単ですが現状はそんなに簡単にはいかないとは思います。便秘になってしまうとそれで更にストレスがたまるという悪循環にかかってしまい、更なる大病を招きかねません。あまり思い悩んだり不満をため込み過ぎないで趣味や楽しみなどを見つけて、ストレスを発散するよう心がけましょう。
痙攣性便秘』の時には腸に刺激を与え過ぎないことが大切です。消化の悪いものや熱すぎるもの・冷たすぎるもの、香辛料を多く使った刺激のあるものを食べるのはなるべく控えましょう。

特集ページ

酵素特集

便秘の症状便秘の種類女性と便秘子どもと便秘ダイエットと便秘便秘解消法普段できること
食物繊維を摂るビフィズス菌を摂るオリゴ糖を摂るお茶を摂る酵素特集相互リンク商品一覧

copyright(C) 女性の為の便秘解消バイブル All right reserved.