女性と便秘についてこのページでは紹介しています。

女性の為の便秘解消バイブル 便秘を知って、原因から解消して体もスッキリ♪素敵な毎日をあなたに

トップページ > 女性と便秘

女性は男性に比べて便秘になりやすい体質なんです。女性特有の便秘の原因を知って、上手な対処法・解決法を見つけましょう!

身体的理由

一般的に男性と比べると、女性の体は筋力が低いという特徴があります。つまり、腹筋も弱いということです。
腹筋は、大腸に入ってきた内容物を移動させようとする運動に影響しています。筋力が低下すると、腸の内部で内容物を移動させる能力も低下するため、便秘を引き起こしやすくなります。
また女性の場合、男性よりも骨盤が広いため、骨盤内に腸が落ちやすくなっており、腸がたるんで曲がっている状態になっています。腸がたるんでいると、便が通過する時間も長くかかってしまいます。
小腸の出口まではどんな人でも便はまだ水分を多く含んでいます。大腸での停滞時間が長くなることによって、必要以上に便の水分が吸収されてしまい、大腸の通過を妨げ、便秘の原因となります。

ホルモンの影響

次に考えられるのが、黄体ホルモンの影響です。
この黄体ホルモンには、主に女性の体、特に子宮に妊娠の準備を整える働きがあり、具体的には子宮の収縮を抑える作用があります。これが、腸を動かす筋肉に影響して便の通過が悪くなり、便秘の原因となります。
また筋腫や卵巣嚢腫が大きくなり、腸を圧迫することで便秘を引き起こす場合もありますので、この場合は産婦人科の診察を受けることをおすすめします。

便秘と生理

チューリップ

女性が生理前に便秘になりやすいのには理由があります。
排卵後〜月経前には「黄体ホルモン」という女性ホルモンが多く分泌されます。黄体ホルモンには、主に女性の体、特に子宮に妊娠の準備を整える働きがあり、具体的には子宮の収縮を抑え、腸を動かす筋肉に影響します。
これによって、便の通過が悪くなり生理前は便秘になりやすくなります。
また、生理前は腸のぜんどう運動も弱まりますので排便が困難になってしまいます。
生理前後に肛門の粘膜が炎症を起こすこともあり、それが痔の原因になることもあるので注意しましょう。
生理前の便秘の解消法としては、ふだんよりも無理をしないで余裕をもった生活のリズムを心がけることが大切です。睡眠不足やストレスになるようなことは極力避けましょう。便を出来るだけ柔らかくするためにしっかりと水分や食物繊維をとることも有効です。

妊娠と便秘

妊娠中の女性とそれをいたわる男性

女性の体調は黄体ホルモンによって左右されています。
妊娠することによって黄体ホルモンの働きがふだんよりも活発になります。 これにより、便の通過が悪くなって便秘の原因になります。
妊娠初期は、つわりなどにより、どうしても食事量が減少し運動不足にもなりがちですので、便秘になりやすくなります。食欲がなくても食事はしっかり取るように心がけましょう。
妊娠初期の段階を通過すると、黄体ホルモンの量も徐々に減少し、妊娠中期になると少しづつお腹が大きくなり、子宮が腸を圧迫し始め、便秘へとつながります。
同時に肛門がうっ血してしまうことがあり、これが原因で痔を引き起こし、排便の際に痛みが起こります。
痛みが嫌で便意を我慢してしまうようになり、これも便秘を悪化させてしまう原因となります。 排便の際は、スムーズに出ることが一番ですが、やはり少なかれふんばってしまうものです。便秘がちな人であればふんばる癖がついているかもしれません。 妊娠すると、ふんばること自体がよくない行為に思えてしまい、これまでふんばらないと排便できなかったものが、余計に出せなくなってしまいます。 できるだけ水分を多く摂るなど工夫をして、自然に便を出せるようにして解消しましょう。
出産後は、出産する時に会陰切開をした傷が痛み、便意を我慢しがちになってしまうことと、赤ちゃんに母乳を与えることによって体内の水分が不足してしまい、水分不足が原因で便秘になってしまいます。
出産後は普段よりおおく水分を多く摂るようにして解消しましょう。

特集ページ

酵素特集

便秘の症状便秘の種類女性と便秘子どもと便秘ダイエットと便秘便秘解消法普段できること
食物繊維を摂るビフィズス菌を摂るオリゴ糖を摂るお茶を摂る酵素特集相互リンク商品一覧

copyright(C) 女性の為の便秘解消バイブル All right reserved.